ホームページ集客のススメ

どもども!米子や境港の中小企業のホームページも作っているiRie Labです。今朝は寒くてなかなか布団から出れませんでしたが頑張っていこうと思います!

今回は、会社内のWEB担当を任された際に覚えておきたい知識とスキルについて。

今の時代、どんなビジネスでもWEBを使った集客や戦略が必須です。そんな中、「今日からおまえはWEB担当だ!」と社長や上司に言われたら正直困っちゃいますよね。

そんな時のために、将来WEB担当者になったあなたが読み返して便利なページになればこれ幸いと。

WEB担当にはマーケティングとWEBの技術が必須

WEBマーケティングは、マーケティングに「WEB」という要素が加わるので、当然WEBの知識が必要になってきます。WEBの知識というとなんだか難しそうですが、覚えてしまえば結構簡単なことが多いです。WEBマーケティングって何?という方はこちらも読んでみてください。

まずは、無料ブログを立ち上げてみたりすると勉強にもなります。無料なのでいくらでも作り変えることもできますしね。そこで簡単なHTMLを覚えてみたりするのが手っ取り早いと思います。

無料ブログに慣れてきたら、今度はWEBサイトの構築方法を覚えていくと良いと思います。最近ではWordPressという無料で使えるCMSが人気です。ドメインを取得してレンタルサーバーを借りてしまえば誰でもWEBサイトを作ることができます。

そして、Facebookやツイッター、YouTubeなどの知識も必要になってきます。他には、各種ネット広告、検索エンジンの仕組み、アクセス解析などなど、幅広くありますが一つ一つ覚えていけばそんなに難しいことではありません。

これらをマーケティングに組み合わせるのがWEB担当者の仕事になるわけですね。

企業のWEBマーケティング担当者に必要な知識として、マーケティングに加えて最新トピックを含めたWEB技術に関する知識、データ分析能力、評価など、ビジネス統計の知識やスキルも求められると思います。

WEB担当者のスキルアップの方法とは?

なんだか大変そうだなと思われるかもしれませんが、いきなりこれらの幅広い知識やスキルを持っている人はいませんので、安心してください。少しづつ覚えていけばいいのです。

なので、WEBマーケティング担当になった際は、素直に、前向きに、勉強をしていきましょう。

まずは、それらの分野の書籍を読んでみることをおすすめします。最初は無料ブログを使ったアクセスの集め方などが入り口としてはいいかと思います。徐々にスキルアップを目指す感じですね。最初からレベルの高い書籍を読んでもほぼ頭に入りませんからね。

余裕があれば、スクールに通ったり、セミナーにも積極的に参加していけば、知らなかった言葉にも慣れてきて知識として蓄積されていきます。

で、WEBマーケティング担当者としてあるべき姿は、スペシャリストになることよりも、幅広い知識や技術を持つジェネラリストの方が重宝されます。

あとは、資格です。WEB業界で使える資格を取得しておくのもスキルアップに繋がります。どんなものがあるかというと、

社団法人全日本能率連盟登録資格 Web検定 Webリテラシー

社団法人全日本能率連盟登録資格 Web検定 Webプロデューサー

IMA(Internet Marketing Analyst)検定

ネットマーケティング検定

マーケティング・ビジネス実務検定

ビジネス著作権検定BASIC

ITパスポート試験

統計検定

Google アナリティクス個人認定資格

Webアナリスト検定

WACAウェブ解析士

Yahoo!プロモーション広告プロフェッショナル認定

Google AdWords認定資格

とまあ、こんな感じでたくさんのWEB関係の資格があります。他にも様々な資格がありますので、自身にあった資格を取得してみるとあなたの強みにもなりますので、興味がある方は受講してみてはいかがでしょう。

ただ、資格を持っているだけでWEB担当者として完成するわけではありません。

実務で結果を出すことが一番大切なので、ノウハウを勉強したらとにかく実践していくことを心がけていきましょう!

 

iRie Labのサービスはこちら

Comment

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA